俺ガイルに強く共感、学生時代ぼっちだった私のささやかな反撃

人気記事
(集計単位:1ヶ月)




やはり俺の青春ラブコメはまちがっているに共感したこと

俺ガイルのアニメ何話だったか忘れたけど、中学の回想シーンで女子が主人公に話しかけてきたと思ったら、それは主人公の勘違いで、その後嫌な空気が続くっていうアレ。

私の中学時代の話:図解(席順)

中学時代のことだが鮮明に覚えている。

黒板

○女子A

○自分

○女子B

休み時間に女子Aが、突然こちらに振り向いて来て一言「ねぇ!次の時間さぁ!」

自分「え?何?」

女子B「プー、クスクス(爆笑)」

女子A「え?何?」

女子B「え?何?」

その後事あるごとに(何もなくても)「え?何?」と言われ続ける日々。

数ヶ月後に席替えをして、ようやく収まる。

それから月日は流れ高校2年に

電車通学をしていたある日、同小の仲が良かった奴(男)の友達S君と知り合った。

そのS君とは最初は少し話すくらいだったが、ある切っ掛けで仲良くなった。

私が電車に乗って帰宅途中に、S君が彼女と思しき女性と電車に乗ってきたとき、席が空いてなくて2人とも立っていたので、私は声をかけた。

私「席を譲るよ。」

S君「え、本当に良いの?ありがとう!」と言い彼女に席に座るように勧めた。

この日を境に、S君と話す機会が増えた。

数ヶ月後

S君「この前知り合った○中学の女の子に告白されたんだけど、どうしようか悩んでるんだよね。」

私「○中学って私が通っていた中学だけど、誰かな?」

S君「女子Aって言う女の子だよ、小さくて可愛らしいんだ!」

私「え!女子Aって正気か?あいつ滅茶苦茶性格悪いからやめておいたほうがいいよ!

S君「え、そうなの?とてもそんな風には見えないけどな。」

私「同じクラスで、経験者としての意見だよ。まぁ決めるのはS君だから、これ以上何も言わないよ。」

その後どうなったのか分からないけど、ささやかな私の反撃でした。

ちなみにS君男子校なのに、彼女出来すぎじゃない?え、気のせい?そうかな?そうかな?