グエムル漢江の怪物を観た感想、低評価?それはあなたが日本人だから

人気記事
(集計単位:1ヶ月)




日本では低評価・韓国では高評価

韓国で大ヒットしたというから観てみたがつまらなかった。

私同様、純粋な日本人の多くは、この映画を怪獣パニック作品だと勘違いして観てしまいます。

それではこの作品の良さが分からなくて当然!

つまらない理由

CGがしょぼいのは、まぁしょうがない。

怪獣がちょっと暴れて、登場しなくなる。

展開がグダグダ。

意味不明でいらない場面が多い。

怪獣と韓国ご自慢の軍隊との戦いがない。

少女だけ生かされる理由が分からない。

こんなところでしょうか。

作品の意図が分かると高評価になる

実はこの映画、グエムルとかどうでも良いんです。は?ってなるよね(笑)

この作品は韓国社会の縮図を題材にしています。

だから韓国人には理解出来るけど、日本人にとっては意味不明。

セウォル号沈没事故とこの作品を比べてみるとより分かりやすい。

映画の場合

グエムル出現後どうだった?警察とか軍隊すぐ来た?来ないんだよ。

体育館に集まって、みんなで号泣!韓国らしい。

防護服に身を包んだ人が来て、病院に行くけど、病院では誰も防護服着てないんだよ。いい加減過ぎない?

セウォル号沈没事故の場合

セウォル号沈没したとき韓国の警察、軍隊すぐ来た?来ないんだよ!

日本が手を貸すって名乗り出たよね?韓国政府はこの申し出を断ったんだよ。

ボートで沈没したセウォル号に近付いて何したの?

何も出来ずに周りで見てるだけだったよね。

船が傾いてるのに、その場で待機しろ!って放送が流れたり。

船長が真っ先に逃げて、捕まって。

全員救出したとかデマまで広がったよね。結局はほとんど助けられなかった。

潜水士のごたごたがあったり。

体育館に集まって号泣して、カラオケして、ラーメン食べた高官を叩いたりしたよね。

クレーンのごたごたがあったり。

上で書いたように、これが韓国社会の縮図なんだよ。この意味がわからない人は低評価だけど、分かると高評価になる。

あ、なるほど!ってなる。凄く、凄まじく良く出来た作品だ。

日本ではうけない。そりゃ、そうだ。日本人には韓国社会のことなんて理解出来ないんだから、当然日本ではヒットしない。それが日本人にとっての正解なんだよ。

この映画すごい!流石!これぞ韓国映画!

グエムル漢江の怪物のまとめ

セウォル号は2018年に入っても未だにごたごた!

そう、この映画2006年の作品なんだよ、セウォル号沈没はいつだっけ?2014年だね。

この作品は、変わることのない韓国の日常が描かれてるんだよ!

だから、その日常が分かる韓国人にとっては最高の作品って訳。

終始安っぽくて、後手後手で、バッドエンドで後味が悪くて、嫌なモヤモヤが残る。
そう、それはまさにセウォル号そのものなんだよ!