やりたい事があるなら、まず時間を作るための行動をしよう

人気記事
(集計単位:1ヶ月)




仕事しながらでも、やりたい事できるでしょ?は忙しい仕事をしたことがない奴の台詞。

朝8時から夕方5時に仕事が終わって、それから余暇で十分やりたい事できるでしょ!ってどこかの記事で見たけど、むしろ定時通りに早く仕事が終わる奴の方が圧倒的に少ないはず!

ブラックで余暇なんて無いから!

こんなブログ観てる時間さえ無いよ!

テレビも見れない!

街をぶらぶらも当然出来ない!

ここで私の以前勤めていたブラック企業を紹介しようと思う

場所:相模原

仕事時間:週5日は実労働16時間でした。休日出勤1日は8時間(良心的)実働日数26日。月384時間。

給料:手取り17万前後、総支給22万だったかな。時給に換算すると約572円。

平日1日の仕事での時間割

  1. 6時半起床
  2. ご飯を食べている時間はない。急いで会社に向かい作業服に着替え、私だけ7時から1人で職場の掃除。「正社員なのだから他者より先に来て掃除をしろ!」と言われて仕方なく。(他の正社員は7 時50分くらいに来る。)
  3. 7時55分からみんなでラジオ体操。
  4. 8時から10時まで働く!10分休憩。
  5. 10時10分から12時まで働く。
  6. 1時間休憩。
  7. 13時から15時まで働く。10分休憩。
  8. 15時10分から17時まで働く(この辺で契約社員の方々がお帰りになられる。)
  9. 17時から21時まで働く。
  10. 21時から30分休憩。
  11. 21時30分から2時まで働く。
  12. 2時に着替えて帰る。帰りにコンビニに寄り夕食(夜食)を買う。コープの隣の弁当屋やコープにも行きたいけど、当然閉店中!
  13. ご飯を食べてシャワーを浴びてトイレに入り3時に就寝。
  14. 1へ戻る。

1週間のうち5日はこの繰り返しです。1日8時間の日の仕事は余裕でした。


この会社に就職したての頃は、本当に仕事に慣れてなくて疲れて何も喉を通らなかった。

唯一胃に入れていたものはファンタのグレープジュース350ml缶でした。

1日休憩毎に4本くらい飲んでいましたが、97kgあった体重は7ヵ月で、67kgにまで落ちました。

契約社員との待遇差(正社員のほうが優遇されてると思っていた。)

契約社員の1人と仲良くなって色々な話をした結果、凄まじい事実を突き付けられた。

私「契約社員の方は時給なんですね、時給いくらですか?」

契約社員「8時から17まで働いて1時間休憩をとるので、実働は8時間です。それで大体8千円ですかね。時給は1000円になります。」

私「(さらっと、とんでもないこと言いやがった!)へー時給1000円なんですねー。」

上でも書いたように時給は約572円だった正社員の私よりも、428円も契約社員のほうが優遇されていました。それを聞いて思ったのが、「あ、この会社辞めよう。」でした。

時間を作るための行動のまとめ

ブラック企業辞めて、まともな?ところに転職したら、余暇が出来てホームページ作成に取り組めた!

さあ、今すぐブラック企業なんて辞めよう!その会社に居ても、尊敬出来ない上司のような人生を歩む事になるだけだ!