FX=借金だからFXはやらない!ってコメントを見つけたので、借金についての話をしようと思う

人気記事
(集計単位:1ヶ月)




本当に借金は怖いものなのか

借金=怖い

借金=悪

と思ってる人が多い。

原因はファイナンシャルリテラシーの欠如だろう、金持ち父さん貧乏父さんシリーズを読んだ方が良い。

借金には悪い借金と、良い借金がある。

そんな馬鹿な!良い借金なんてある訳ない!と思うかもしれないが、まぁ頑張って解説するので読んでほしい。

悪い借金は、自分の懐からお金を奪っていく借金。

良い借金は、自分の懐にお金を入れてくれる借金。

悪い借金の例

高校時代の陽キャはみんな格好良い車を買ったらしい!

陰キャだった自分も大学生になれば、周りに知ってる奴いないし、格好良いスポーツカーとか買えば大学では陽キャになれるかも知れない、金無いけど無理してでも買おう!これはそう、先行投資なんだ!

格好良いスポーツカーさえ手に入れれば、その後の出会いで人生勝ち組になれるんだ!

高くて格好良いスポーツカーを手に入れた。買ったは良いけど陽キャになれず、一緒にドライブに行くのは同じく最下層の彼女だけだ。

こんなはずじゃなかったのに・・・。

それに車の維持費がこんなに掛かるとは思ってなかった。

毎月の支払いも厳しいし、そのせいでデートではいつもサイゼばかりだ。別にサイゼが悪いわけでは無いけど、毎回サイゼだと、流石に「え?またサイゼ?もうイタリアンは飽きた!あなたとはもう終わりね!」そう最下層の彼女に言われないかと気が気ではない。

ああ、見栄のために無駄な買い物するんじゃなかった。と後悔している。

銀行に自動車ローン

車検代

保険代

ガソリン代

その他修繕費

違反があれば、反則金

全部自分の懐からお金を奪っていくので、この場合は悪い借金になります。

陰キャは勘違いしてスポーツカーとか買っちゃうんだろ?おっさんには分からないことだけどさ。

良い借金の例

あなたが自宅から遠い場所にある大学に入学する学生だったとする。

大学に通うためにわざわざ新築の家を建てる奴はいない。

居るかも知れないけど、働かなくても良いくらいのボンボンだけだ。

大学生で当然お金がないから、親に敷金、礼金、数ヶ月分の家賃などの引っ越し費用を借りて、大学の近くにある、安いアパートを借りる事がほとんどだと思う。

貧乏学生「ボロアパートで良いから、やっすいアパート探すぞ〜!」

不動産経営者の視点

自分の稼ぎだけじゃ収入が少ないなぁ、そうだ!不動産経営して収入を増やそう!あーでもアパートなんて持ってないし購入資金ないし、どうしようかなぁ。

そんなときたまたま地元に大学が出来るのを知る。これだ!大学が出来るってことは、学生さんがいっぱい来て、アパートの需要が一気に増えるんじゃないか!

あーでも、アパートの購入資金が無いし、どうしたもんか。

ボロアパートだけど、リフォームすればそれなりに良い物件を見つけたぞ!あとは購入資金だ。

銀行に相談に行き全額は無理だけど、アパート購入資金とリフォーム代の半額なら出してくれるらしい。もう半額分の頭金は親戚中に頭を下げてなんとか貸してもらうことが出来た!

これで大学が無くならない限り、学生が毎年のように来てくれるから貸す相手が居なくなることもないし、安心してアパート経営できるぞ!

新人不動産経営者「お、早速入居希望の電話だ!幸先いいぞ〜。」

銀行に不動産ローン

親戚に金利0%の借金(こんな優しい親戚居たらいいな。)

修繕費

支払わなきゃいけないお金もあるが、家賃収入で補えると計算済みなので問題なし。

不動産ローンを払い終えれば、不動産は自分のものになるので、今後家賃収入は丸々自分の収入になる。

つまり自分の懐にお金を入れてくれるので、この場合は良い借金になります。

借金は悪なのか、まとめ

大学生からしたら、安いボロアパートを低賃金で貸してくれる大家さんは悪なのか?

不動産経営者からしたら、毎月返済を求めてくれる銀行は悪なのか?

使い方さえ間違えなければ、借金をしても怖くないどころか、みんなハッピーになれる。

借金の使い方を間違えれば、人生終了のお知らせ。

借金が怖いんじゃないんだよ、無計画が怖いんだよ。

FXも無計画でなければなかなか良いものだよ。