面倒くさがり屋の私を行動に移らせた名著【金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント】を紹介

人気記事
(集計単位:1ヶ月)




まずこの記事を書こうと思った切っ掛け。

数年前に流行った「もしドラもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のアニメのopを唐突に思い出した。

「夢ノート」っていう、可愛い声の曲ね。

「夢ノート」の歌詞の一部。

「小さな一歩は、いま進むべき、この長い旅の何分の1だろう?ゆっくりゆっくりでも確かに前へ。答え解らない、方程式も見出せないときは最初のページへ!」

この部分はブログに当てはめると、

小さな一歩のこの記事はブログの旅の何分の1だろ?

「ゆっくりゆっくりでも確かに前へ」この部分はそのまま。

「答え解らない」記事をどんな風に書いたら良いか本当に解らない。

「方程式も見出せない」本当にそう、どうやったら人気記事になるのか、方程式が本当に見出せない。

「最初のページへ!」最初のページ?この場合だと、私がブログを書き始めた理由ってことかな?原点回帰しろってことか!

そしてそれを記事にしようと思った。

金持ち父さんシリーズとの出会い

超有名な本

自分が本屋のベストセラーの棚で見かけたのは、今から16年くらい前だと思う。当時18歳だった私は、学校の帰り道に偶然この本に出会った。

ベストセラーだから面白いのかなーとページをめくると面白そうだったので購入。普通に就職して、普通に人生を送るのが嫌だった私は、この本をすごく気に入れました。

本の中で行動しなきゃ!と思った話がこれです。

バケツで水を汲みに行くか、水路を作って水が流れる仕組みを作るか

雨が降らないと水が手に入らない村があった。

村長は、水を運んでくれる人間を募ることにした。

名乗り出たのは、エドとビルの2人。

村長は2人と契約した。

エドは早速2つのバケツを買い、1.6キロ離れた湖から水を運んだ。

エドは村の誰よりも早起きし、月曜日から金曜日まで5日間働いた。週休2日制だ。

一方ビルは契約を交わした後、しばらく村から姿を消した。

競争相手のいないエドの一人勝ちだ。

ビルはバケツを2つ買って、エドと競うつもりはなかった。その代わりにビジネスプランを立てた。

会社を興し、4人の投資家を見つけ、社長を雇い、半年後に建設作業員を引き連れて村に戻ってきた。

1年後、ビルの会社は村と湖を結ぶステンレスのパイプラインを完成させた。

ビルの会社は1週間のうち7日、24時間水を供給し続けると告げた。

村人たち歓喜!

さらにエドよりもきれいで価格の安い水である。

村人歓喜!

ビルは水不足に困っている他の村にも同じような会社を作れば儲かるんじゃないか?と考える。

ビルは村に水を運ぶパイプラインを建設すると同時に、自分のところにお金を流し込むパイプラインも作っていたのだ。

ビルは幸せに暮らし、エドは必死で働き続けましたとさ、おしまい。

自分は今、懸命に働いているのか、それとも賢明に働いているのかを問う。

自分のところにお金を流し込む仕組みを作れ!

会社に仕事をしに行って、お金を稼がせてもらうのでは無く。

自分の懐にお金が流れ込んでくる仕組み(資産)を作らなきゃ駄目なんだ!と奮起。

当時、自分でも出来ることでは何かな?と思い悩んだ末に、ネット検索でお金を稼ぐ方法とか打ち込んだら、金持ち兄さんへの道というホームページにたどり着きました。

最初はネットでお小遣い稼ぎ的なことをやっていたのですが、これではいつまで経ってもお小遣いの枠を超えられないと気付きました。

そこで閃いたのが、金持ちお兄さんの真似をすれば良いのではないか!ということでした。

ホームページ作り!そして挫折

21歳のときにホームページビルダーを購入!するも仕事が忙しすぎて、ブラック過ぎて時間が取れずこの時は何もできませんでした。

時間がないなら時間を作る(ブラック企業からの脱出)

22歳のときあまりにも過酷なブラックを転職し、仕事後の余暇を利用してホームページ作成に取り掛かります。

初めてのホームページ作成だったので、とりあえずテンプレートを使いましたが、思った様な物が無く新規作成!

金持ち兄さんへの道の背景を真似して、黄色い背景にします!薄い色使いだと目に優しいとかそんな理由です。

IEの画面サイズに合わせて、ホームページの大きさを合わせる方法が分からなくて、金持ち兄さんのHTMLコードを解析したり、ネットで調べまくったりホームページ作成本を購入したり、今作ってるワードプレスでのブログよりはるかに難しくて、約半年ホームページ作りを頑張り30ページほど作りました。

FFFtpのフリーソフトによるアップロードなどを経て公開しましたが、その次をどうすれば良いのか分からず、今よりも情報が圧倒的に少なく何が正しいのかも全く分からなかったため、公開取消(笑)

結局そのまま作業もやめてしまい、私のホームページ作成は終了しました。

当時はホームページの設定にあてた時間が膨大で、それに比べて今は簡単に作れるので、今の若者が羨ましい限り!

初の投資!投資信託に挑戦!そして挫折

銘柄が何だったのかは当然覚えていませんが、20万で始めたのは覚えています。

20万の資金を1つの銘柄に半年間投資しました。

結果は-5000円手元に帰ってきたのは、約195,000円でした。

投資信託をやってみて思ったこと。

投資信託は、プロの投資家にお金を預けて、お金を増やしてもらう投資法です。

投資信託のデメリットは投資資金が減ったら、100%投資した人が責任を負う。という投資スタイルです。

さらに資金を減らしただけでは飽き足らず、人件費まで数%も掛かります。(%は銘柄による)意味不明(笑)

この部分は本当に納得いきませんでした。

なので、これ以降投資信託にお金を預けることはしていません。

他人を金持ちにするために働くか、自分を金持ちにするために働くか

他人を金持ちにしたい奴なんているわけ無いだろ!って思うかもしれないけど、実はみんな自分が知らない内に他人を金持ちにするためにせっせと働いている。

会社の売り上げから人件費などの経費を払うだろ、残りのお金は会社のものになる、つまり会社のオーナーのものになるんだ。

問題は1番大変な仕事をしている人の給料が1番安いってこと。

従業員の自分

あなたは従業員として毎日何時間働いてる?

月に何日出勤してる?

上司にお前は使えないからクビ!ってリストラされたら何が残る?

他人のオーナー

オーナーは毎日何時間会社に来てる?

大変な仕事をしている姿見たことある?

月に何日会社に出勤してる?

上司にお前は使えないからクビ!ってリストラされるとこ想像できる?

友達が俺の勤めてる会社で一緒に働かないか?って誘ってきた話

突然何の前触れもなく、同小の友達に俺の会社に来ない?って誘われた。

その友達に聞いてみた。F君はその会社で働く理由って何?

F君「金!」

金稼ぐのに、その会社じゃないといけない理由は?

F君「無い!ただ就職が簡単で、休みもそれなりに多いから誘った。」

その会社に就職すればスキルは身に付くだろうけど、特殊な仕事過ぎてその会社以外じゃ役に立たなそう。

自分のために働け

働いたら自分の資産になるような仕事をしろってことね。

ブログは資産になるって言われてる、しかも元手が少なくても始められる。

だから私はブログをはじめました。

私はブログという資産を自分のために作っています。

まずはヨチヨチ歩きから

ヨチヨチ歩きは数週間から数ヶ月で終わる!

走れるようになるには、まず歩かなければならない。

ヨチヨチ歩きを始めてから、半年、1年続けると、

ヨチヨチ歩き → 歩き → 走る。

いきなり大きな行動をしようとすると、たいていの場合は上手くいかない。

最初から勢いよく走ろうとして行動しても、大した結果にならずにがっかりしてしまい、そしてやる気が無くなってしまうのだ、毎日少しずつ継続することが大事。

ブログの場合は、毎日少しずつで良いから記事を書く。

投資の場合は、少額で良いから少しずつ投資金額を増やしていく。

面倒くさがり屋の私を行動に移らせた名著のまとめ

12年前に諦めずに続けていれば!そう後悔してしまいます。12年後46歳になった私が、あのときブログを諦めなければと後悔しないように、今の私は頑張る必要があります。

みなさんも今やりたいことは今やりましょう!

失った時間は戻りません。