【ARK】北部の極寒の地で生き延びるための建築拠点【PS4】

人気記事
(集計単位:1ヶ月)




新しい刺激を求め厳しい土地だと言われている北部の積雪地帯に隣接しているこの場所で、新しい生活を開始しました。

北部探索用の最初の拠点場所と周辺状況

撮影したこちら側はまだ温暖な気候でとても過ごしやすい場所だが、積雪地帯ちょっと手前から極寒の寒さになるので、毛皮装備以外で立ち入ると常に寒さで体力が削られてき、さらに食料の減少速度もすごいので、そしてさらに強力な恐竜がゴロゴロいるので簡単に長居することはできない。

極寒の地の対処法

極寒の地と言いましたが、気温が-17度にもなる本当に厳しい寒さです。

わらの家で服装は皮の服たき火1つ、かがり火1つ、たいまつでなんとか体力が減らないところまでいけます。さらにかがり火がもう1つあればちょうど良い気温になると思います。

寒さで食料の減りは早いですが、体力が減らないのでなんとかなります。

拠点での出来事

遠いのでわかりにくいが、ここに最初の拠点を作りました。

積雪地帯にいきなり拠点を作るのは難しいと判断して、水があり木や草が生い茂ったこの場所に建築物を建てました。

目の前の池にはシーラカンスとメガピラニアがいます。周辺にはほとんど何もいません。たまーにトリケラトプスが数匹います。とても穏やかな場所なので拠点に最適!

と言いたいところですが、この場所はそんなに生易しい場所ではありませんでした(笑)

適当に作った石の家でトリケラトプスをテイム中のことです、突然目の前に野生のティラノサウルスが現れました。

観てください。この装備(笑)石斧で作業中にこの光景はビビりました。

ティラノサウルスは気絶中のトリケラトプスに夢中なので、私には気付いていませんでした。扉が開いている石の家の中に飛び込めば何とか助かるんじゃないかと思いました。

なんとか家の中に飛び込んで事なきを得ましたが、頑張ってテイムしたサーベルタイガーとサソリがあっさりティラノのお腹の中に吸い込まれていきました。

の場所には近づくな!

この場所は色んな恐竜の湧き場所になっています。

ティラノとか強力な恐竜がいたら美味しい狩場になるかもしれませんが、石斧ではどうにもなりません。最低でも最新式のショットガンクラスの装備は必要だと思います。

②の場所は、サーベルタイガー・アルゲンタヴィス・サソリ・ハイノドン(群れ犬)・トリケラトプスが常に争っている、とても恐ろしい場所です。

サーベルタイガーも1匹なら大して怖くありませんが、5匹も湧いていました。

ハイノドンも1匹なら怖くありません。6匹ほど湧いているのを確認しました。強い恐竜がお供にいないと、まぁ勝てません。

アルゲンタヴィスは3匹くらいいます。

サソリは群れにはなりませんが、草むらから突然出てきます。

この小さい島には水晶と石油が出る岩がある

厳しい環境なので、その代わりにこんな簡単に行ける島に水晶と石油が取れる岩があります。

簡単に行けますが、ユウティラヌスという群れの恐竜がいることがあるので、注意しましょう。

この辺りの浅瀬で真珠を採取します

かなり広い場所にシリカ真珠が大量にありますが、メガピラニアもいるので注意して採取しましょう。

詳細はシリカ真珠の入手方法をご覧ください。

Ark Survival Evolved攻略メニューへ戻る